性癖は悪くない!?いろいろな性癖を知っておこう!



どんな人であっても、何かしらの性癖があると言われています。特に男性の場合はその傾向が高く、かなりマニアックな性癖を持っている人も少なくありません。

 

“自分は何でこんなことに興奮してしまうのか…”と、悩んでいる方も安心してください。世界中にはもっとスゴいド変態たちが数多く存在しているのですから。

 

ここでは、さまざまな性癖について紹介します。もし、当てはまっていたらその仲間を探すきっかけにしてみましょう。

 

  • 異常性癖について

 

異常性癖とは、いわゆるフェチに近い部分があるのですが、一般の方が興奮しないようなものに性的興奮を覚えてしまうことを言います。

 

例えば、ニットがどうしても性の対象になってしまう方は、女性がそれを着ている姿だけではなく、そのニット自体に興奮してしまい勃起し、そのままオーガズムへと到達することができるわけです。

 

異常性癖の種類は数多く存在していると言われており、案外知らないところで自分もそのひとつを持っている可能性だってあります。では、一体どんな異常性癖があるのか考えていきましょう。

 

  • オートネピオフィリア

 

比較的多いと言われているのが、オートネピオフィリアという異常性癖です。

 

これは、幼児行動性愛と呼ばれるもので、幼児が趣味なのではなく自分が幼児のようになることに快楽を得る性癖のことです。

 

いい年をしたオジさまが女性の前では、“おちんちん、しゃぶしゃぶちて〜”など、まさかの言葉を発するように、幼児に退行することで自分の性欲を満足させる特殊な性癖です。

 

これは、地位の高い方などに多いと言われていますが、推測するに普段の責任の重圧さと本当の心の奥に眠っている気持ちのバランスが取れないとおかしくなってしまう、という人間のホメオタシス的な何かが働いているのかもしれません。

 

  • スコプトフィリア

 

スコプトフィリアと聞いてもピンと来ない方も多いと思いますが、これは第三者がセックスをしたりオナニーをしているところを見て興奮する性癖です。

 

例えば、AVというのは私たちが知らない人たちがセックスをしているのでこれに近いですが、一般的にはどちらかと良く知り合いだとオナニーしにくくなると思います。

 

自分の家族がAVに出ていて、性的な気分になってオナニーができるとは考えにくいでしょう。しかし、スコプトフィリアというのは近親者や知り合い、自分のパートナーが第三者とセックスをするところに強烈な快楽を得る性癖の持ち主です。

 

例えば、近しい人のセックスを覗き見したり盗聴したものを目に耳にしてオナニーできるような人物を指しているのではないでしょうか。

 

  • ハイポクシフィリア

 

危険な性癖として知られているのが、ハイポクシフィリアです。

 

こちらもあまり聞き馴染みの無い言葉かもしれませんが、首を締められることに快楽を感じる性癖です。

 

例えば、SM趣味のひとつで首を締められて快楽を得るという人も多いですが、ハイポクシフィリアは自分で首を締めてまで快楽を得たいという性癖です。首を締めることで幻覚が見えるほどに気を失いかけることができるため、そこでオーガズムを得ることができるのです。

 

ただし、あまりにも過激に締め過ぎると苦しさが増していき、気を失って生死をさまようことになります。ただ、そのギリギリのところの気分も快楽に繋がってしまうのではないでしょうか。

 

  • アナスティーマフィリア

 

アナスティーマフィリアは、身長差に性的興奮を覚える性癖です。例えば、一般的に男性より女性の方が身長が低いので全ての男性や女性がこのアナスティーマフィリアに当てはまると思われがちです。

 

しかし、アナスティーマフィリアというのは身長差が30cm以上離れていることで興奮するような性癖です。あまりにもどちらかが小さ過ぎる場合、小人性愛になります。

 

  • クロノフィリア

 

近年、数多くケースが出てきているのが、クロノフィリアです。クロノフィリアとは、年齢性愛のことで、20、30歳以上離れている異性とのセックスが興奮する性癖です。

 

10歳程度であれば、クロノフィリアとは呼ばれることはありませんが、20歳以上は離れていることを恋愛感情抜きにして興奮できるのであれば、クロノフィリアの可能性があります。また、金銭目的で年齢差が離れている異性を選ぶこともクロノフィリアではないでしょう。

 

その後、若い異性を金銭で購入したりそれに興奮するのではなく、常にかなりの年齢差のある異性とのセックスでないと興奮できないというのがクロノフィリアなのです。

 

  • トリコフィリア

 

比較的多い方もいるかもしれませんが、トリコフィリアは髪の毛をはじめとした、“毛”に異常な性的興奮を覚えてしまう性癖です。

 

女性の髪の毛にペニスを巻き付けて興奮する方や女性らしい髪型を見ながらオナニーをするのが好き、という男性もトリコフィリアのケがあるかもしれません。

 

しかし、髪の毛だけではなく陰毛や脇毛、さまざまな異性の毛に性的興奮を覚えるようであればトリコフィリアの可能性があります。

 

  • メイシオフィリア

 

おっぱい星人という言葉があるように、巨乳好きの男性は少なくありません。しかし、この巨乳好き男性は度が過ぎるとメイシオフィリアと呼ばれています。

 

巨乳が好きというのはさまざまなサイズの好みがありますが、体のバランスが崩れているような巨大な胸やそういった胸で無いと勃起すらできない、というのであればメイシオフィリアの可能性があります。

 

  • フォレスキン・フェティシズム

 

かなりマニアックな性癖ですが、包皮に異常な性的興奮を覚える人もいます。そういった方をフォレスキン・フェティシズムを言いますが、包茎の皮だったり、クリトリスを包んでいる包皮などを見たりすることでオーガズムを得られる性癖です。

 

  • ハイグロフィリア

 

ツバ、または愛液、そして唾液などいろいろな液体に興奮を覚えるような性癖をハイグロフィリアと言います。一般的に考えられる性癖ですが、アスリートや普通のOLさんなどに性的興奮を覚えるようであれば、ハイグロフィリアの可能性があるでしょう。

 

  • まだまだある性癖

 

普段、思わぬことで性的興奮を覚えることがあるでしょう。もしかしたら、異常性癖かもしれません。とはいえ、相手に迷惑をかけず、相手も喜んでくれるのであればその性癖もいきるはずです。ぜひ、自信を持って性癖を磨いていきましょう。





↓↓当サイトで一番の人気記事はこちら↓↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

※当サイト管理人のココだけのぶっちゃけた

 

atekina

 

今すぐ出会いが欲しい(やれる相手、真面目な相手)人は登録しておかないと損。

 

おすすめのネットの出会いで使える登録無料の出会いアプリ↓↓↓

 

※女性は完全無料なので、女性が多い!あなたを待っている人がいます。

 

※男性も今なら無料PTがもらえるので早めに遊びましょう

 

aty4

 

PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ