一方的な気持ちで突っ走るのはNG!不倫相手との距離感を間違えるな!



不倫相手の女性をキープしたい場合、決して執拗に誘ったりしつこくしてはいけません。また、気持悪いアタックをすると相手に嫌われてしまうので注意しましょう。

 

ここでは、不倫相手の女性をしっかりとキープしたい人向けの正しい方法について解説していきたいと思います。

 

相手の都合を無視する

 

何らかのきっかけで女性が不倫相手となってしまう。そんなことがあるでしょう。

 

お酒を飲んでいたらそのままセックスをしてしまい、そこからずるずるとセフレとして不倫し続けてしまう…というパターンは少なくありません。しかし、女性は不倫相手だからといって何でも許してくれるわけではありません。

 

とくに女性に夢中で無い限り、言うことを全て聞いてくれるという考え方は大間違い。どんどん相手に嫌われてしまう可能性があるのです。

 

例えば男性は一度関係を持った女性はもはや、“セフレ”として扱う傾向があります。会うたびにセックスができる、ある意味で性処理相手。しかし、女性心理はそれではいけないのです。

 

大切にしてほしい

Cropped image of beautiful young couple is sitting on bed in bedroom. Enjoying spending time together at home.

 

男性にとって性処理相手となっている場合、女性はその状況をどうしても飲み込むことができません。

 

女性側が男性にとても憧れており、求められていることを喜んでいる状況であればいいでしょう。しかし、それでもいつか気がつくはずです。

 

自分は都合のよい女性であるだけで、相手には正妻がいる…。結局、自分は正しい恋愛をすることがなく集うの良いように扱われ、捨てられるんだ…。こう思われたら最後、その女性と出会うことはかなわなくなるでしょう。

 

男性側はこういった女性心理を理解できないため、出会いを断られ続けるとより会いたいとヒートアップしていきます。

 

“何?俺が嫌いなの?”とか“いいじゃん、いつものホテルで…”など、会いたい…会いたいと突っ込んでしまいます。やればやるほど女性から引かれてしまうため、注意すべきだと考えていいでしょう。

 

セックスはあまりしない

 

不倫相手と不倫関係を続けていくのであれば、セックスをあまりしない方がよいでしょう。

 

二人で求め合いたいのであればいいですが、ある程度の距離感を保っていた方が互いにプレッシャーにならず安心です。女性はどんなに避妊をしても妊娠の可能性が出てきてしまいます。

 

セックスは幸せかもしれませんが、不倫関係という意味合いで考えると、どうしても悩んでしまうことがあるのです。ご飯を食べにいったり、遊びにいったり…。こういった付き合いをしている中で、さっぱりとセックスをせずに帰宅する…ということも続けるべきでしょう。

 

女性としては、“普段遊べる友達であり、セックスもする不倫相手でもある”というイメージとなり、大切にされていると思うはずです。

 

食べ物もそうですが、お腹一杯ではなく腹八分目くらいに抑えておくことで相手もこちらも不倫の火が消えずに継続できます。月に4回程度会うとしたら、そのうちで1回するかしないか。そういったレベルでの関係性がよいでしょう。

 

メールについて

 

よく不倫が終わってしまうポイントとして、最初に盛り上がりすぎてしまうことです。

 

不倫は認められていない関係性だからこそ、純粋な恋愛を楽しむことができる行為です。しかし、だからこそ熱しやすく冷めやすい関係性でもあります。最初は多少盛り上がるかもしれませんが、ペースを見極めながらよい距離感を保つようにしましょう。

 

さて不倫が長続きしている人たちの関係性は、男性がバランスよく相手を気遣ったメールをしているようです。

 

悪い例とすれば、“会いたいよ”とか“〇〇ちゃんのこと考えてたら好きすぎて泣いちゃった”とか“エッチしたくてたまらない。

 

あの日の〇〇ちゃんとのエッチを想像して一人でやってます”など、そういったメールを一方的に送りつける男性はあまりモテません。不倫相手も最初はうれしいでしょうがうざったく感じますし、それに返信をしなければ“どうしたの?”など連投しやすくなるため、より相手から嫌われてしまう可能性があるのです。

 

気遣いのメールをたまに送る

 

不倫相手を喜ばせたいのであれば、定期的に気遣いのメールを送るようなかたちがよいでしょう。そもそも、自分の気持ちだけを伝えて相手を困らせる…というのは、もっともやってはいけない口説き方です。

 

それが不倫相手であっても相手は困惑してしまうため、あくまで相手を気遣うメールをたまに入れるだけで十分。例えば日曜日の夜に、“暑い日が続いているけど、水分補給してる?w ”など、相手の体調を気遣うメールでいいのです。それで、おすすめの商品などを紹介する…という程度でいいでしょう。

 

自分のことではなく、相手のことを気遣ってくれる男性に惹かれます。その時はおもしろいメールができなくても、相手がプレッシャーを感じることなく対峙できるので嫌がられることがないのです。

 

もちろん内容的にえぐいものではありませんし、人に見られても安心できるものばかり。不倫を長続きさせるコツは、こういった他愛のない日々の生活を続けていくことなのです。

 

愛情ホルモンを優先させる

 

恋をするとドーパミンという神経伝達物質が多く分泌されます。要するに、興奮状態であるということです。しかし、この興奮状態でひとつ注意しなければいけないのが、いつかこの興奮は終わるということです。

 

しかし、次に愛情を感じさせるオキシトシンというホルモンが分泌されるレベルになれば、二人でいるだけでほっこりと気分が落ち着く間柄になれます。

 

これは、長続きしている結婚相手との距離感でも重要なポイントです。不倫相手は恋愛相手でありセックスも楽しめる相手。

 

だから男性は興奮してドーパミン主体のメッセージを送ったり、出会いを求めてしまいます。しかしセックスや自分の欲求を少し脇に置いておき、相手が優しい気持ちなれるようなそんな対峙の仕方をしてみましょう。必ず不倫相手とよい、長続きできる関係性を気づくことができるのはないでしょうか。





↓↓当サイトで一番の人気記事はこちら↓↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

※当サイト管理人のココだけのぶっちゃけた

 

atekina

 

今すぐ出会いが欲しい(やれる相手、真面目な相手)人は登録しておかないと損。

 

おすすめのネットの出会いで使える登録無料の出会いアプリ↓↓↓

 

※女性は完全無料なので、女性が多い!あなたを待っている人がいます。

 

※男性も今なら無料PTがもらえるので早めに遊びましょう

 

aty4

 

PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ