不倫とセフレは違う?これを理解していないとトラブルに発展!



不倫をし続けている男性の中には、「不倫とセフレ」の違いについて真剣に考えている方もいるのではないでしょうか。

 

とくに女性から、「あなたにとって私とは?」といわれた時、相手のことをあらためて真剣に考えるといった機会が訪れたのかもしれません。

 

たしかに不倫とセフレといった部分を明確にわけないと、なにかトラブルが発生してしまうかもしれません。ここでは、女性心理に立ったセフレと不倫の違いにtういてお伝えします。

 

不倫とセフレは同じなのか?

 

そもそも不倫とセフレは一緒なのか否か、なかなか難しい議題です。

 

不倫をしている男女は必ず出会えばアツいセックスをしますし、セックス無しの不倫というのはあまり存在しません。一方、セフレはその名の通りセックスフレンドなので、セックスを前提とした付き合い。

 

とはいえ、毎回ホテルやどちらかの家で何も駆け引きなくセックスだけをする…ということは少なく、恋人のような形で普通のデートをした後にセックスをするといったこともあるでしょう。

 

こうなると不倫はセフレともいえますし、セフレがいるということは不倫と定義することもできるため、なかなか難しい部分です。

 

男性から見た視点

 

不倫をしている男性にとって、その不倫相手の女性はセフレとあまり変わりません。

 

あまりよい言い方ではありませんが、“本妻とは違う女性の魅力に溺れており、それは性的な目的が強い”ため不倫相手としているパターンが少なくありません。

 

仮に不倫をしたいと思った女性がおり、そこにセックスが存在しないとなった場合、男性が本気になるかはかなり疑問です。

 

例えば職場に魅力的な女性がいて、その人の人となりや体つき、美貌に惹かれてセックスをしてしまった上に不倫関係になった。不倫のあるあるですが、結局その相手は不倫相手ともいえますしセフレともいえるため、男性にとっては不倫もセフレもあまり線引きがないといえるでしょう。

 

そのため、“不倫とセフレの違いを考えるなんて、愚の骨頂”と考える人は多いわけです。

 

実際には全く別もの

 

さて、ここからは視点を変えて見ましょう。

 

女性にとって、不倫とセフレは違うのか否かといった部分です。女性は男性とは全く考え方が違うことから、不倫とセフレを混合している方は少ないといわれています。

 

そもそも不倫とセフレは全くの別物であり、それを一緒くたにされることから男性とのトラブルが絶えないとも考えられます。

 

つまり、男性側が不倫とセフレは違うことを理解できれば、女性とのよい不倫関係やセフレ関係を維持し続けることができるということです。

 

では、ここからは女性視点の不倫とセフレの違いについて考えていきたいと思います。

 

不倫とは?

 

まず、不倫とはなんなのでしょうか。詳しく調べれば不貞行為やいろいろな意見があるかもしれませんが、一言でいえば、“大人のいけない恋愛”といえばいいと思っています。

 

どちらかに籍を入れたパートナーがいたり、どちらもいたり、とにかく法で定められた相手がいるのにもかかわらず別の異性と恋仲になっている。これが不倫と定義してもよいのではないでしょうか。

 

さて、ここでセフレとの違いなのですが不倫の場合、“愛情の先のセックス”がメインであり、セフレはそれではありません。

 

不倫の場合、どちらにも愛情があることから、“この人の全てが欲しい、この人の全てを受け入れたい”といった強い思いの最終形態として体を交えるといったものです。

 

もちろん不倫にもさまざまな種類はあるものの、どちらかがどちらかを純愛といった意味合いで見ていることは間違いありません。

 

セフレとは?

 

一方、セフレとは何なのでしょうか。

 

セフレはその名の通り、セックスフレンドの略称であり、その定義自体は“セックスだけをする友達”となります。

 

不倫相手とは必ずセックスをしているためセフレだ…と思うかもしれませんが、セフレは互いが互いを“性の対象”としてだけ見ている間柄であり、そこに愛情は存在しません。

 

もちろん人としての愛情は持っているものの、恋愛感情は存在せず、あくまで性的欲求を満たし合うだけの間柄といったところが特徴です。

 

先ほど不倫は大人のいけない純愛と伝えましたが、セフレの場合はそこに愛情は存在せず、逆に愛情を抱いてしまってはその関係性が壊れるといっても過言ではありません。

 

こじれる理由

 

この指摘からわかるように、不倫は互いに恋愛対象同士であることから、“いつかはこの人と添い遂げたい”と思っている間柄。

 

一方、セフレは恋愛感情ではなくただ性的欲求を満たし合う間柄ということで、前者は心、後者はビジネスといったぐらいに違いがあるということなのです。不倫やセフレが続かない理由に、この違いが理解できない人が少なくないからともいわれています。

 

例えば、不倫だと女性が思っているのに男性はセフレ相手と思って接していれば、いつかなにかがこじれます。

 

逆にセフレだと思っていた女性がこちらのことを好きになり、彼女と別れてほしい…と真剣に伝えてきたらその子との関係を切りたくなるでしょう。

 

このように、不倫とセフレが長続きしないのは、不倫やセフレといった概念が互いに一致していないことが原因といえるのです。

 

話合うことが必要

 

不倫は相当リスクを背負う行為であり、まずその関係性を築くのであればしっかりと二人で話し合うことが重要です。

 

この関係性は不倫なのか、それともセフレなのか、二人の利害関係を一致させておかなければいつかトラブルに発展してしまう恐れがあります。

 

さらに、問題はセフレです。最初は互いにセフレとして間柄を保っていたものの、やはり体を重ね合っていることからどちらかがどちらかのことを好きになってしまう、という事例は数多く存在しています。仮にセフレであれば恋愛感情を持ったら終了。

 

不倫であればどちらかに愛情がなくなったら解消といった形で、厳しいかもしれませんがルールを設定することをおすすめします。

 

不倫をしたいなら純愛

 

 

不倫は、セックス無しでも成り立つところがセフレとの違いです。

 

愛する人と一緒にいるだけでいい…。そういったことが存在するのです。不倫をするなら純愛。

 





↓↓当サイトで一番の人気記事はこちら↓↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

※当サイト管理人のココだけのぶっちゃけた

 

atekina

 

今すぐ出会いが欲しい(やれる相手、真面目な相手)人は登録しておかないと損。

 

おすすめのネットの出会いで使える登録無料の出会いアプリ↓↓↓

 

※女性は完全無料なので、女性が多い!あなたを待っている人がいます。

 

※男性も今なら無料PTがもらえるので早めに遊びましょう

 

aty4

 

PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ