長く不倫関係を継続したい!そんな女性にここだけの秘訣を教えます!



不倫した相手の男性が既婚者だった場合、なかなかその距離を縮めていくのは難しい部分があります。しかし、できれば大好きな彼と長く一緒にいたいのであれば、上手な距離感で不倫を継続し続けるしかありません。

 

今回、ここでは彼が既婚者だった場合の上手な不倫継続の仕方についてお伝えしていきます。

 

相手も自分も利用していると思う

 

既婚者の男性が不倫相手だというと、“自分は相手にとって都合の良い女なんだ”と思い込んで落ち込む人がいます。

 

確かにその通りなのですが、そこは自分も相手を都合良く利用しているとしっかりと考え直さなければいけません。

 

そもそも、結婚相手でも彼女でもないのにもかかわらず、時間とお金を使ってくるわけですし、自分が寂しい時に多少なりとも対応してくれています。完璧、弱みを握られて拷問を受けている…という奴隷契約でもない限り、女性側も普通に男性を利用しているのです。

 

“この関係は、互いを上手に利用しているだけの関係なんだよね”、というところで割り切れている方の方が不倫を上手に継続させています。

 

友人たちに絶対に言わないこと

不倫はどこから、どうバレてしまうのかわかりません。さらに、自分たちの気持ちは自分たちにしか理解できず、相談してその答えを求めることは、“無意味”に等しいと感じられます。

 

特に、女性の友人たちに不倫の相談すれば、それはやめておいた方が良いというに決まっています。

 

早いうちに縁を切り、もう二度と会わない方が自分のためだ…ということを諭されるのが基本です。仮に、友人の言葉にはっとして不倫をヤメられるレベルであれば、ここまで不倫にハマることは無かったでしょう。

 

関係を続けていきたいと考えている時点で、もう後戻りは不可能です。誰にも相談せず、自分の中やこういったサイトなどで情報を獲得していってください。

 

男性の全てに従う

 

モテ系のネタに、女性は多少は男性を振り回した方が良いという項目があります。確かに、わがままな女性の方が男性が相手をしているうちに可愛くなってきて、“ったくしょうがないな。

 

オレじゃなかったら、多分ダメだぞ!”という感じになり好きになってもらえます。ただし、これは不倫では通用しません。

 

相手は既婚者であり、わがままを全て聞いていたら家庭崩壊に必ず繋がるのです。もし、既婚者の男性と不倫関係を続けたいのであれば、相手の言うことを全て聞いてあげるという、逆の関係性を作った方が良いでしょう。

 

男性の行きたいところややりたいことに全て付き合うのです。“それでいいの?”と相手が言ってくるかもしれませんが、“家族と一緒だと自分の好きなことできないでしょ?”と、男性が自分といる時だけは自由に開放されるというシチュエーションを作ってあげるのです。

 

当然、男性にとっても自分がコントロールできる女性であれば楽しいでしょう。結果的に、男性にとって手放せない不倫相手として昇格できるわけです。

 

できるだけ色気を出す

 

不倫相手とセックスすることがあると思いますが、ここは割り切って、“性的対象”と見られることに徹するというのがおすすめです。

 

男性はどんなに幸せな家庭を築いていても性欲は泊まりません。また、別の女性とセックスをすることに罪悪感を女性ほど感ず、法律が許してくれるのであれば、恐らく何十人とも婚姻関係を結ぶはずでしょう。

 

実際、昔の将軍なども内縁の妻が多数いる方もいましたし、男性というのは精子という自分の種を広くバラまきたいのです。“性の対象だけなんて、寂しい”と思う女性は少なくないでしょう。しかし、男性にとってもう奥さんは性的対象ではなく、家族です

 

。次第に興奮もしなくなるし、以前は犬のように襲っていた乳房もただの膨らみとしか認識できなくなっているのです。だからこそ、不倫相手にはいつまでもエロくいてほしいという願望があるわけです。日本における夫婦離婚の主な原因は、セックスレスとも言われています。

 

不倫相手に落ち着きを求める=正妻にしたい…という構図で語られることがありますが、あれは全くの嘘で、性の対象として近くに置いておきたいのです。不倫相手の男性を常にムラムラさせている、そういった女性であった方が不倫相手としては優れていると言わざるを得ないでしょう。

 

会う頻度は少ない方がよい

 

大好きな不倫相手であれば、毎日でも会いたくなってしまうでしょう。しかし、不倫という関係上それは不可能であることは本人が一番良く分かっていることでしょう。

 

そのため、できれば週に2回だったり、平日はご飯を一緒に食べたりと会える時に頻繁に会っているのかもしれません。しかし、不倫を継続させたいのであれば出会う回数は減らしていった方が無難です。その理由は簡単で、興奮する不倫だとしても頻繁に会うとマンネリ化するからです。

 

不倫関係においてもっとも注意しないちといけないのが、マンネリです。

 

そもそも、ひじょうに細い糸でしか繋がっていない関係なのに、相手に飽きられてしまっては挽回するのは相当難しいでしょう。

 

そのため、できれば月に1回がおすすめです。相手の家族にも怪しまれないでしょうし、男性側も泊まりで外出できる頻度です。協力者を作っておけば何かメスが入った時でも安心ですし、常に一ヶ月分のネタが用意されているので思い切り楽しむことができます。

 

男性にとっても、妻以外の女性と思い切りセックスができるわけで興奮が止まりません。不倫を継続させるためには、このように相手との距離感や気持ちもコントロールする必要があるのです。

 

不倫だと思わないこと

 

不倫を長く継続させるためには、根本的に不倫だと思わずに付き合っていった方が良いでしょう。

 

不倫、というキーワードに縛られると逆にいろいろなミスを犯しがちです。この記事でお伝えしたように、余計な感情を出さずに男性のペースに会わせて淡々と関係を継続させていけばいいのです。

 

下手に幸せになりたい、彼を幸せにしたいとか思わなくて大丈夫です。もし、彼がアナタを選ぶべき時が来たら動きます。それまで、上手に関係を続けてください。





↓↓当サイトで一番の人気記事はこちら↓↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

※当サイト管理人のココだけのぶっちゃけた

 

atekina

 

今すぐ出会いが欲しい(やれる相手、真面目な相手)人は登録しておかないと損。

 

おすすめのネットの出会いで使える登録無料の出会いアプリ↓↓↓

 

※女性は完全無料なので、女性が多い!あなたを待っている人がいます。

 

※男性も今なら無料PTがもらえるので早めに遊びましょう

 

aty4

 

PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ