オナニーを捨てるという選択!今すぐセフレを作って男を上げろ!



 

 

毎日のオナにーに飽きてしまった。そんな方もいるかもしれません。

 

日々スケベな動画や画像、妄想をしながらペニスに快楽刺激を与えることは最高の時間ですが、同じようなやり方だと飽きがくるのは当然です。

 

しかし、そこで突飛なオナニー方法に手を出し、マンネリを解消する方法は正しいのでしょうか。ここでは、オナニーが飽きたらセフレ探しに力をいれるべき。

 

この真実についてお伝えしていきたいと思います。

 

オナニーは飽きるのか?

 

そもそもオナニーのような快楽に飽きがやってくるのでしょうか。

 

オナニーは依存症も存在していることから、もはや生活の一部として楽しむような方も少なくありません。

 

しかし、オナニーに依存的になってしまうような方の場合、大抵かなり強い刺激のもとでオナニーをしていたり、特殊なオナニーをしています。ふつうにAVを見て何となくペニスをしごいているような方の場合、やはり飽きがやってきてしまうのです。

 

なぜ、自由に最高の快楽を得られるのにもかかわらずオナニーに飽きがきてしまうのでしょうか。

 

欲求の根本が満たされない

 

例えば、巨乳で可愛いAV女優が大胆なセックスをしているシーンを見たとします。

 

男性であれば誰もが釘付けとなり、ペニスにあついものを感じ、勃起することでしょう。そして、そのおかずを利用していきり勃ったペニスを力強く握りしめた後、上限擦りオーガズムへ達成するはずです。

 

まさに一般的なオナニーなわけですが、興奮するのは当初だけであり繰り返しその画像で擦り続けていると飽きがやってきます。

 

そもそも射精をしたいという欲求だけであれば、何も刺激を与えずにひたすらペニスを擦ればいいだけ。しかし、男性は視覚刺激が非常に強い興奮材料になることから、エロ画像や動画などを見なければ満足できません。

 

しかし、その根底にあるのは結局、「この男優が俺だったら」とか「こんなシチュエーションで自分のセックスしたい」、「自分のまわりにこんなドスケベ女がいたらな…」など、生身の女性とのセックスを求めているのです。オナニーを繰り返していても、その根本的な欲求が満たされることはありません。

 

さらにこんな理由も出てくるのです。

 

理想を追い求め過ぎる

 

スレンダーで黒髪、ドスケベなヒップにDカップ。男性であればオナニーをする際、こういった理想を求めてオカズを探し出しているかもしれません。自分の好みの女性のセックスシーンに出会えたら、誰だってオナニーをしたくなってしまうものです。

 

ただ、オナニーは射精を目的としている自慰行為ですので、女性の性格やこちらへの感情は無関係。つまり、対象のおかずを「モノ」として見ることになることから、どうしても理想を探し求め続けてしまいます。

 

当然、そんな毎日理想的な女性のセックスシーンが更新されるわけではありませんし、好きでもない女性を毎回見ていれば飽きがやってきます。

 

毎日大トロを食べていれば飽きる、それと一緒です。結局、オナニーの方法などをしても一時しのぎにしかならず、また同じ負のループにハマってしまうだけなのです。

 

セフレをつくるべき理由

 

「オナニーに飽きた。もっと強い刺激を求めよう」。

 

こういった考え方もあるでしょうが、結局その場しのぎにしかなりません。さらにどんなに強い刺激を求めようが人は満足できませんので、結果的に射精障害になったり強烈刺激でないと勃起できなくなったり、オナニー自体ができなくなる可能性すら潜んでいます。

 

結局、オナニーに飽きてきてむなしさを感じた場合、その解決法は「生身の女性とセックスをする」しかないのです。

 

とはいえいきなり彼女を作ったり、セックスレスのパートナーとアツいセックスをしだすのは困難。そこでおすすめしたいのが、セフレをつくって性欲を満たすということです。

 

男性として変わる

 

セフレを作るためには、出会いを求めなければなりません、出会い系アプリやサイト、さらに職場、学校、コミュニティなど、いろいろなツールを利用して本物の女性と出会いましょう。

 

しかし、どんなシチュエーションであっても、冴えないオナニー三昧だった醜男に、「僕のセフレになってください。ちんちんビンビンです!」といえば気持ち悪がられるだけ。最悪、通報といった結末すら待っていることでしょう。

 

セフレを作る上でまず重要なことは、その女性に「セックスしてもいい」と思われることです。髪型や服装、言葉遣い、立ち居振る舞い。とにかく女性に好まれるような色気と男気のある、そんな男性に自分を変えていく必要あがります。

 

これが達成できれば、オナニー三昧で手を抜いていたヴィジュアルについても改良されますし、逆にモテるようになり人生が楽しくなるわけです。

 

射精を大切に扱うようになる

 

セフレを作れといって、いきなりその日にセフレができるのは確率論的にかなり低いでしょう。

 

さらに、セフレができても毎日思いったらセックスができるといったこともありません。

 

ある程度、セックスをする前準備などがあって初めてセックスが生身の女性とできるわけです。オナニーであればトイレにでもかけこんだり物陰でできますが、セックスとなるとそうはいきません。

 

しかし、生身の女性とセックスをするわけですが真剣にセックスについて考え、さらに無駄に精子を放出しないように、ペニスをいろいろと大切にするようになるでしょう。

 

週末に泊まりがけでセフレとセックスをするのであれば、一発だけでは寂しいもの。やはり、1週間射精を我慢して自分とペニスを鍛えに鍛え、その日に爆発させるというやり方がベストです。

 

そういった側面からも、セフレを作ることでオナニーなどやっていられない…という状態になり、男性として生身の女性と対峙できる人になるのです。

 

オナニーを捨てるという未来

 

どうでしょうか。性欲がないからオナニーに興味がないのではなく、存分にセックスできる相手がいるからオナニーになど興味がないといった男性は男らしいと思えないでしょうか。

 

100本のエロビデオを見てもセックスはうまくなりませんし、モテることはありません。

 

それよりも、3人のセフレを思う存分、自分の好きなように性奴隷にできる人生の方が男として生きている価値があります。オナニーを捨てる。そんな未来をめざし、奮起してみてはいかがでしょうか。

 





↓↓当サイトで一番の人気記事はこちら↓↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

※当サイト管理人のココだけのぶっちゃけた

 

atekina

 

今すぐ出会いが欲しい(やれる相手、真面目な相手)人は登録しておかないと損。

 

おすすめのネットの出会いで使える登録無料の出会いアプリ↓↓↓

 

※女性は完全無料なので、女性が多い!あなたを待っている人がいます。

 

※男性も今なら無料PTがもらえるので早めに遊びましょう

 

aty4

 

PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ