エロとちょうど良い距離感を取りたい方必見!“オナニーは健康法”といった発想にしてみよう!



エロとちょうど良い距離感を取りたい方必見!“オナニーは健康法”といった発想にしてみよう!

 

男性にとってエロは重要な要素です。しかし、近年叫ばれているのが「ポルノ中毒」と呼ばれる症状。

 

このおかげで普段の性生活はもちろん、日常生活にも支障が訪れていると警鐘を鳴らす学者なども多いようです。とはいえ、完全にポルノ断ちをするのはダイエットと同様にリバウンドを繰り返すだけで逆効果。

 

今回、ここでは健全なエロとの付き合い方について考えていきたいと思います。

 

ポルノ中毒について

 

冒頭でお伝えした通り、ここ20年ほどでポルノ中毒に悩む方が増加傾向にあるそうです。ポルノ中毒とは、その名の通り「ポルノにハマってしまい、中毒者のようになってしまう」ことです。

 

ただしここでいうポルノ中毒は、セックス依存症などとは違い、あくまでネットで手に入るエロ動画に酔狂してしまっている人を指しています。

 

さて、このポルノ中毒の特徴には毎日エロ動画を見たりオナニーすることもふくまれているようですが、こういった方は多いはず。この状態がどこまでいくと危険なのでしょうか。

 

エロしか考えられなくなる

 

ポルノ中毒が問題視されているのは、その症状の中に「朝から晩まで、24時間エロのことばかりを考えてしまう」といったことがあるからだそうです。

 

常にオカズとオナニーのことばかりを考えてしまうため、ほかのことに集中できなくなり、無気力になってしまうということです。ただし、これは誰もが経験があるはずです。オナニーを我慢している時、朝からムラムラした画像や動画を見てなぜか気分を高めてしまう…。

 

結局、仕事や学校から帰ってきてもオナニーしたくてたまらなくなり、隙を見て長時間オナニーを楽しむといった感じです。

 

たまにならよいですが、コレが毎日となれば生活にも支障が訪れるのは間違いありません。さらに、ポルノ中毒はこういった問題もはらんでいます。

 

刺激に馴れてしまう

 

例えば、普段エロ動画などを見ない女性にふつうのAVを見せたとします。おそらく、少し刺激が強過ぎて最初から最後まで見れないはずです。

 

もちろん、普段オナニーをしないような健全な男性の場合、刺激の強さからムラムラして抜いてしまうかもしれません。しかし、この反応はとくに特化しているわけではなく通常。もはや平常運転といえるでしょう。しかし、ポルノ中毒者は毎日同じようにエロ動画を見ています。

 

当然、飽きが来ますし、細かな好き嫌いも出てきたりして、勃起しなくなってしまうでしょう。より強い刺激を求めるようになり、過激なエロ動画や女優、シチュエーションを好むようになります。

 

こうなると通常のセックスではあり得ないシチュエーションでしか興奮できなくなるほか、脳内が“愛のあるセックス”ではなく“人間を超えた最強の快楽”ばかりを求めてしまいます。

 

これは、とても危険なことです。とはいえ、とにかく日々強い刺激を探してしまうのはスケベな男性だからこそ。どんな人にもリスクは存在します。一体、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

何のためのオナニーか自問自答する

 

自分がポルノ中毒者になってしまっているのか不安な方。

 

そんな方は、まず“なぜ自分はオナニーをするのか”といった定義について自問自答してみましょう。多くは快楽のためだと思いますが、その快楽を自分は本当に求めているのか、馴れと惰性でやっているのか、見極めることが必要です。

 

しかし、頭ではわかっていてもオナニーをしてしまう、エロを探してしまう。そんな方も多いでしょう。冒頭でもお伝えしたように、強制的にオナ禁をしても長くは続きません。どこかで我慢が決壊し、今まで以上にオナニーをしてしまいます。そこでおすすめしたいのが、オナニー健康法です。

 

オナニーは健康行為と思い込む

 

オナニーをすることは、“健康に繋がる”と説く人もいますが、これもひとつの目的にしてもよいでしょう。

 

もちろんオナニーが医学的にどのような効果を持つのか、まだはっきりとはわかりません。しかし、“エロは本当はいけない。オナニーばかりするのはいけないことだ…”と「エロ=悪」と決めつけるとストレスになり、その悪いことをしたくなってしまいます。

 

一方、“オナニーをした際、自分にとってメリットが多いんだ”と思い込むと、思った以上にエロと距離をおけるようになります。例えば、「牛肉は美味しいけれど体に悪い」といわれると人は食べたくなります。どうせ体に悪いのだから、甘くてしょっぱいカロリー過多なソースをどっぷりつけたい…とも思うでしょう。

 

しかし、「牛肉は健康に良い。毎日食べなさい」といわれると、そこまで牛肉に対して心が欲しなくなります。また、健康にいいと聞かされているので体に悪そうなソースをかける気持ちも薄まります。これは、全くオナニーに対しても有効なのです。

 

射精が目的になると…?

 

ポルノ中毒の問題は、オナニーをすることではなく「エロ動画ばかりを見続けてしまう&頭がエロで染まる」といったところです。しかし、快楽はやはり射精時に味わえるため、そのセットでないとなかなか快楽刺激には繋がりません。

 

前述したオナニーを健康法としてとらえた場合、「射精すること」が目的になります。すると、別に動画の内容もプレイ、シチュエーションも関係なくなり、ただオナニーしやすい動画を探したりエロと付き合えるようになるのです。

 

さらに健康法といわれると人は面倒な行為と思い込むため、“今日は疲れたな…。なんかオナニーやんの面倒くさいわ”と、自然にオナ禁できるようになるのです。

 

“オナニーしたい”ではなく、“オナニーをしなければならい”と思い込むと、意外にその行為が面倒であり、その行為を思い起こさせるエロも見たくなくなってくる、という逆説的発想が効果的なのです。

 

体で感じろ!

 

現代人がポルノ中毒になってしまう理由は、間違いなく無料で大量のエロ動画にアクセスできるようになったからでしょう。

 

また、閲覧者が増えれば女優さんの収入も高まることから、素人の方もどんどん参入しており、よりエロ動画が“リアル”な方向に向いていることも理由といえます。

 

人間は脳が発達しており想像力が豊かです。しかし、結局は射精が目的であることから、頭で考えずに体で感じることを覚えた方が、人生結果的にうまくいきます。毎日エロのことばかり考えて辛いという方は、ぜひこちらで紹介した逆説的対処法を試してみてください。

 





↓↓当サイトで一番の人気記事はこちら↓↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

※当サイト管理人のココだけのぶっちゃけた

 

atekina

 

今すぐ出会いが欲しい(やれる相手、真面目な相手)人は登録しておかないと損。

 

おすすめのネットの出会いで使える登録無料の出会いアプリ↓↓↓

 

※女性は完全無料なので、女性が多い!あなたを待っている人がいます。

 

※男性も今なら無料PTがもらえるので早めに遊びましょう

 

aty4

 

PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ