傷だらけの私を癒した、ある男性との一夜

 

当サイトに初めて足を運んで頂いた方はぜひ一度ご覧ください↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

現在30代の女性です。10年ほど前になるのですが、私は大恋愛をして盛大に振られ、そのショックで茫然自失となってしまった時期がありました。本当に「これぞ運命」としか思えない、大好きな相手だったのです。

相手も私のことを憎からず思ってくれている、これからの人生をともにしていく…とまで思っていたので、ショックは本当にすさまじいものがありました。味覚が消え、時間の感覚がおかしくなり、合う人ごとに心配されるのです。「この間まですごくきれいになったと思っていたのに…あんた、大丈夫?」近所の顔見知りのおばさんがそんな風に言っていました。

それでも仕事に穴はあけられないので、むしろそのスケジュールを頼りに生きていました。朝起きて会社に行き、仕事をする…失った彼のことを考える隙を与えないよう、自分にムチを打っているのに、それでもふとした瞬間に涙がこぼれてトイレに駆け込んでいました。

上司や同僚に、仕事の不調を咎められはしなかったので、その部分はうまく隠し通せていたのだと思います。ある時、欧州への出張を命じられました。「ちょっと天候が不良な時期だから、遅延トラブルになるかもしれないけど…まあ、気をつけて行ってきて。」と送り出されました。

初めての海外出張ではなかったので、段取りは淡々と進み、私は機上の人になりました。滞在先でも滞りなくクライアントと打ち合わせや契約を済ませ、報告を送り、そして再び帰路へ。と、その地方空港で地上職員に言われたのです。

「ドイツの上空にかなり大きな嵐がありまして、全ての航空機の離陸が今、遅れているんですよ。」

その数時間後、私の乗った小さな短距離線はようやく離陸し、大都市のハブ空港につきましたが、日本行の帰国便にはとうとう間に合いませんでした。仕方のない遅延ですから、航空会社が手配してくれたホテルで一泊し、翌日の便で帰国することになりました。それまでその都市は乗り換えで利用しただけで、空港の外に出たのは初めてでした。

せっかくの機会なので、のんびり食事でもさせてもらおうとホテルのレストランに降りた所、そこには私同様、天候不順のせいで乗り遅れた人々であふれていたのです。その中にいた一人の日本人男性が、席をつめて「どうぞ」とすすめてくれました。

お互い出張の一人旅、ぼつぼつと食べながらの話をするうち、何となく心に沁みるような優しい感触がわいてきました。彼は一回り年上のようで、その土地特産のワインをボトルで注文していたのですが、それを自然に私にもわけてくれたのです。そうしてウェイターが「ムッシュー、マダム?」と夫婦形で呼びかけたように、私たちは朗らかに仲良くなっていました。

とても優しい人でしたが、私は心の傷まで打ち明けたわけではありません。それでも、ひた隠しにしていた悲しみは見破られてしまっていたようです。一緒にホテルの個室へ引き上げる際、彼は「きみのために、何か僕にできることがないかなあ」とぽつりと言いました。エレベーターのドアが開いた瞬間、私は彼の腕をとりました。「いらっしゃいませんか。」

今思えば、どうしてあの時ここまで大胆になれたのか、理解に苦しみます。どちらかと言えば私は女性的でなく、官能性を出すような人間ではありません。引っ込み思案さはワインのせいで少し鳴りを潜めていましたが、それよりも私はあの時、誰かーーー優しい誰かを、必要としていたのだと思います。

ビジネスホテルの簡素なベッドの上でも、この紳士はやはり紳士でした。私は泣いてもいたのだと思います。最後に私は「ありがとうございました」と言い、そうして彼は「笑いなよ、その方が断然いいよ」と言って、夜半に去って行ったのです。

翌朝、妙にすっきりとした私の頭の中で、冴え冴えとした未来へのプランが広がって行きました。そういえば見逃していた資格のこと、家族の結婚計画、仕事で新しく入れたいプログラムのこと。

朝食の場にあの紳士はおらず、空港でも機上でもその姿を見ませんでした。それを悲しいとは思わず、ただ彼の事を考えると癒される気だけがしました。一日遅れで関空に着いた私は、別人になっていました。過去に訣別をつけさせ、私を癒してくれたあの人との一夜。名前すら聞きませんでしたが、私を救ってくれた存在として、ただほのかにありがたく思い出としています。

 

多くの人に読まれている厳選人気記事はこちら↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ