オンラインゲームで出会った彼と体の関係

 

当サイトに初めて足を運んで頂いた方はぜひ一度ご覧ください↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

これは、私が夜のお仕事をしていたときの話です。

毎日お酒をつくり、好意もない男性の横で微笑みお相手をして夜を明かすそんな代わり映えのない毎日に
私は飽き飽きとしていました。

その頃発売された某有名ゲームがオンラインゲームになるとしり、暇潰しになれば…そう軽いきもちではじめたのが
彼との出会いのきっかけでした。

家に帰るとゲームにログインし、テレビの中にいる
いわゆるネトゲ友達と会話をすることでひとりの時間の寂しさや、日々の物足りなさは埋まっていくきがしました。

その中でも、彼と話している時間が私にはとても楽しく、ログインしては彼がいると
心が踊り出すような気持ちでいました。次第にゲームのなかで話す会話が
自分自身についての話や、悩み相談にかわり…お互いの恋愛についてはなすようになりました。

いつものように仕事を終えてログインし彼をみつけると、ゲームのクエストを
そっちのけで、また彼とふたり話し込んでいたときでした。「俺とばっか遊んでたら彼氏できないよ」
そういわれた時に私の中で彼に対する気持ちが友達ではなく特別な感情だということに気がついたのです。

あぁ彼が好きなんだと感じ、その気持ちをネットの中の人だから…と隠しながら
日々を過ごしました。そんな時、彼が出張でわたしの住んでいる

すぐ近くにくることになったのです。彼が、冗談半分に「会ってみる?」といった瞬間、
二度とないチャンスだと思ったのです。「会いたい」そこから、連絡先を交換し彼の出張の日を待ちました。
”出張の日までは二人が会うのを楽しみにしていたい”

そう言った彼の言葉に、おなじ気持ちなのではと淡い期待を抱いていました。
当日、「仕事がおわりました~!約束した場所で君が好きなココアをふたつ持っているから。
まってるよ」彼からの初めてのメールです。

仕事とは違う化粧で、服も清楚に高ぶる気持ちをおさえワクワクしながら彼を迎えにいきました。
約束の場所につくとそこには、何人かの人がいましたが、手に二つココアを抱えているのはたったひとりです。
彼だ!と思いおそるおそる声をかけると「はじめまして。○○ちゃん?こっちのほうは、ちょっと寒いな」と笑うはじめてみる彼の笑顔に
ますます心を奪われました。

普通の居酒屋に入り、ご飯をしながらこれまでのゲーム世界での話や日常生活の話、
そんな幸せな時間にも、終わりがくると思うと寂しさにつぶれてしまいそうで、だんだんと
お酒のペースがはやくなりました。

「そろそろ帰ってやすんだほうがいいな。付き合ってくれて有り難う」そういって代行を呼ぼうと背を向けた彼に
思わず抱きついたのです。優しく私をひき離し、彼は言いました。

「ごめんな、俺結婚してるんだ」おなじ気持ちかもしれないとうぬぼれていた自分が
はずかしくなり、同時に気持ちの抑えがきかなくなった

私は「それでもいい。一度だけでいいから○○君といたいよ」
と再度彼に抱きつきました。今度は彼が黙って少し困った顔をしながら
泣きすする私をみつめ「家にいってもいい?」ときいてきたのです。

代行で私の住むマンションに帰り、言葉を交わすこともなく玄関にはいった途端に
何度もキスをくりかえし、彼の手が下にのびた時やっと「ベッドにいきたい」と
言葉を交わし、彼が私を抱き上げ奥の扉をあけリビングについた途端
「我慢できない」とソファーに静かにおろされ私も彼をはやく感じたくて仕方なく、
そこで彼と最初で最後の時を過ごしました。

一夜限りだとわかっていながら、彼に抱かれ
それでも…朝、目が覚めると横で寝息をたてながら
寝ている彼がとても愛しく感じました。

帰り際、ひきとめはせずあっさりと別れを
交わし帰っていく彼を見送りました。

彼の左手には、はじめから指輪がついていたのにそれにも気づかずにいたのです。
会うと決めた時点で私の中では一晩だけの関係だと割りきっていたのだとおもいます。
もう二度と会うことがないと

わかっているからこそ、できた体験なのだと
感じています。

もしかすると…
ゲームの世界、テレビの
反対側にいる彼と会うことが、
私の中でのゲームだったのかもしれません。

 

多くの人に読まれている厳選人気記事はこちら↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ