職場の後輩との一度きりの関係 !一度で終わり、、、

 

当サイトに初めて足を運んで頂いた方はぜひ一度ご覧ください↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

同じ職場に勤めていた後輩の女性が退職することになり、送別会が行われた夜の話です。

 

私にとっては初めての後輩で、手取り足取り色々と指導したつもりなのですが、その後輩には別にやりたいことがあり、そのために退職を決めたということでした。

 

彼女の夢は、洋服のデザインをして、将来的には自分のお店かブランドを立ち上げたいという大きなものでした。実は私にも当時、映画を作りたいという夢があったので、普段から何かと気の合う同僚の一人でもありました。

 

男女の関係になることはなかったのですが、職場内では、夢を語り合える数少ない人として良い信頼関係を築いており、時々2人で飲みに行っては夢を語り合ったり、職場の愚痴を言い合ったりする仲でした。私も将来気的には退職をして、夢の実現を果たしたいと思っていたのですが、彼女の方が先に行動したというわけです。

 

送別会の前日、私は残業をしており、彼女は彼女で退職の準備をしていたため、遅くまで残っていました。気がつくと私たち2人だけになっていて、途中作業を止めて、飲みに行った時のように雑談をしたりしていました。

 

すると、彼女が突然泣き出したのです。夢に向かうことには大きな希望を持っているものの、反面、とても不安だったようです。私は女性に泣かれるのがどうも苦手で、話を聞くことしかできなかったのですが、彼女の方から私に「お願いがあります。少しだけ抱きしめてもらっていいですか?」と言ってきたのです。かなりビックリしたのですが、ここで抱きしめないと男が廃ると思った私は、女性としてはあまり見ていなかった後輩を職場内で抱きしめてしまったのです。その時、自分の心臓がドキドキと音を鳴らしていたのを今でもよく覚えています。

 

1分くらいなだめると、彼女は涙も止まったようで、元気を取り戻し、「ありがとうございます!」とお礼を言ってくれました。普段はサバサバした印象の彼女も、やはり退職することには不安を感じていたんだなと思うと同時に、私自身も、夢の実現に向かうのならば、相当な覚悟が必要だなとも思っていました。

 

翌日、予定通り、職場のメンバーで彼女の送別会が行われました。

 

前日あんなに涙していた彼女でしたが、送別会の挨拶では、キリッとした表情で、涙一つ見せずに立派なスピーチをしていました。周りの同僚からも、君なら大丈夫!と言われるほど、まさに強い女性という感じでした。

 

彼女の希望もあって2次会はありませんでしたが、実は私は個人的に彼女から誘いを受けていました。「今後はあまり会えないと思うので、最後にまったりお話がしたいです。」とメールをもらっていたのです。他の同僚にバレない様に、別の駅までそれぞれ別行動で移動し、再び合流して飲むことになりました。

 

 

彼女は、昨日抱きしめてくれて本当に嬉しかったということや、日頃夢について語り合えたことについて感謝の気持ちを伝えてくれました。そう言われて、私も心から嬉しく思いました。

 

だんだん気分も良くなってきたので、普段は絶対に飲まない日本酒まで手をつけ、2人ともかなり酔っ払ってしまいました。そして私は、その勢いで彼女を自宅に呼び、そのまま朝まで2人で過ごしてしまったのです。

 

目が覚めると、2人とも服を脱いだ状態でベッドで抱き合っていました。

 

送別会の前日に抱き合ったことで、私の中で彼女を女性として意識してしまったのだと思います。送別会後に2人で語りましょうと誘いを受けた時には、私はこういう関係になることをどこかで望んでいたと思います。そして彼女も、もしかすれば、不安な自分をもっと癒してもらいたかったのかもしれません。

 

 

昼近くになって、サバサバした気持ちで「また!」と別れた私たちでしたが、なんとなくこういう関係は今後二度とないだろうなという感じは抱いていました。理由はうまく言えないのですが、ただ抱き合っていたかったというか、寂しさや不安を共有したかったのだと思います。

 

それ以来、彼女とは時々メールのやり取りはしているものの、実際に会ったり、深い関係になったりすることは一度もありませんでした。ただ、聞いたところによると、彼女は洋服のデザインの仕事はしている様子でした。それを聞いた私は、自分も頑張らねば!と思ったのでした。

 

多くの人に読まれている厳選人気記事はこちら↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ