東京で初ナンパする人向け!学生&サラリーマンにおすすめスポット

 

当サイトに初めて足を運んで頂いた方はぜひ一度ご覧ください↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

ナンパというとなんだがチャラいイメージがあって、ナンパでの出会いを敬遠する人もいるかもしれません。
ですが、ナンパも立派な出会いの一つです。街を歩いていて、物凄いタイプのイケメンや可愛い子と出会えたとしても、話しかける事が出来る人なんて、そうそういるもんじゃありません。

 

ナンパのプロでもない限り、偶然の出会いを物にする事なんて、なかなか出来ないのです。しかし、ナンパによる出会いで美味しい想いをしている人も実は結構存在しています。

 

今回はそんなナンパで、美味しい想いをしてみたい男女に向けて、ナンパを確実に成功させる方法をこっそり伝授致します。

 

ナンパで可愛い子をゲットしたいという男性や、イケメンから声をかけられてみたいという女性に是非参考にして頂ければと思います。

 

初めてのナンパに向けて、知っておきたいナンパ術〜男性編〜

 

まずは、男性が女性をナンパする際、気を付けておきたいポイントをまとめたいと思います。

 

そもそもナンパは普通の出会いよりも、気軽でカジュアルなものとなります。失敗なんて気にせず、どんどん勢い良く声をかけていく、タフな心を持って挑みましょう。

 
初心者の場合、失敗を恐れず、片っ端から声をかけまくるのが基本です。いちいち無視されたからといって、心が折れていたら持ちません。明るく楽しげに声をかけていきましょう。チャラいくらいが、ちょうどいいのです。

 

しかし、気を付けなくてはならない点があります。あまり真面目な雰囲気で声をかけると、ナンパというのは成功しません。

 

怪しい雰囲気が漂わないよう、ナンパだとわかりやすい感じで、明るく声をかけます。

 
また、何を話していいのかわからずに声をかけてしまうと、声をかけられた女性も戸惑います。

 

声をかけたのなら、最後まで責任を持ってその場を盛り上げます。どんな会話でも構いませんので、沈黙を作らない事が成功への鍵になります。

 

女性を褒めて持ち上げるのも、その場が盛り上がりやすくなります。

 

ホストのトーク術は素晴らしいものがあるかと思いますが、最初はそれくらいの勢いがないと、「結構です」の一言で、たいていはスルーされてしまいます。多少引かれても食いさがるバイタリティが功を奏します。

 
ナンパは基本、2人組で声をかけるのがオススメです。ターゲットも2人組の女性を狙うのがポイントです。

 
クラブのような場所では、単独行動もオッケーですが、成功率を上げるならば、基本ナンパの相方を探しておきましょう。

 

また、最初からターゲットを絞らないことも重要です。ナンパ初心者は最初から可愛い子や目立つ美人を品定めして声をかけても、たいてい無視されます。

 

ナンパは数をこなさない限り、慣れませんし、慣れてくると、今回はいける、いけない、という判断が出来てきます。

 

ですから、初心者はターゲットを決めず、片っ端から声をかけます。そして、失敗しても諦めない強さを鍛えます。その中で成功率を上げていけるのです。

 

成功率が上がってきてから、美人や可愛い子にターゲットをシフトしていく方が上手くいきます。

 

 

また、ナンパをした時に足を止めてくれる女性というのは暇な女性です。

 

ですから、夜街を歩いている2人組の女性なら、たいていその後飲みに行くことを視野にいれている場合もあるので、一杯ご馳走するという名目で誘えば、飛つぶしについて来てくれたりもします。

 

時間を持て余してそうな女性達に手当たり次第声をかけ、話に耳を傾けてくれる、笑顔になる、といった変化が見られれば、少し粘ってみましょう。最初は拒否されても、話が盛り上がりそうだと判断されれば、結果は変わってくるものです。

 

街でのナンパの場合、東京では基本的に繁華街がメインとなりますので、渋谷や新宿、池袋あたりの賑やかな街がターゲットになります。

 

その際、ナンパをする側も街の雰囲気に合わせた格好をすべきです。

 

街でのナンパはあまり年齢層が高くありません。オシャレな雑誌を参考に、ある程度は気合を入れて挑みましょう。

 

ブサイクだろうが、オシャレでトークがうまければ、ナンパは成功します。女性は短時間に相手をじっくり見れませんから、雰囲気イケメンならば、なんとなくイケメンと思い込みます、
あとは勢いで勝利を収められるのです。

 

中級者向けのナンパスポットとは!?

 

20代の男女の場合、繁華街でも充分に出会いがありますが、中級者にもなると、渋谷や青山あたりのクラブを利用するのも1つの方法です。

 
クラブもいきなり1人で行ってナンパするのは、なかなか厳しいものがありますので、最初は友達と参戦するのがオススメです。

 

クラブは照明が暗くなるので、顔を判断出来ない分、顔に自信がない人にもオススメなんです。

 

服装や髪型でいくらでもイケメンに勘違いさせる事が出来るからです。

 
クラブでは音楽により声が聞こえない場合がありますので、それを利用して、あえて近付いて話したり、バーカウンターに連れ出したりすることもできます。ここまでくれば、単独行動に出ても構いません。

 

また、クラブに1人でも行ける人ならば、最初から1人でクラブに行ってもいいでしょう。

 

しかし、女性から友達と来たのか質問された時に、1人で来たというと、若干怪しまれたりもします。友達と来たけどはぐれてしまったなど、友達がいた事を匂わせた方が怪しまれません。

 
クラブはお酒も入っています。終電を逃して踊っている女子達に声をかけると、結構な確率で仲良くなれるものです。女性達もクラブでは、多少ナンパされるのを期待していたりするものです。

 

今最もアツイ!東京のナンパスポットとは!?

 

場所によって、その街にいる人の層が違いますから、当然ナンパの仕方も変わってくるものです。

 

20代ならば、渋谷や新宿のような夜の繁華街、クラブといった場所を存分に出会いの場として利用出来ます。

 
しかし、最近では東京に住んでいる社会人に、人気となっているナンパスポットがあることをご存知でしょうか?

 

それは銀座のコリドー街です。コリドー街というと、丸の内や汐留界隈で働くサラリーマンがちょっと飲んで帰るのに立ち寄りやすい場所なんです。

 

オシャレ系居酒屋も沢山ありますし、合コンなんかで利用出来るお店がワンサカ立ち並んでいるんです。

 
この辺り、実は仕事帰りに立ち寄る、都心で働くOLさんもよく飲みに現れるスポットになっているのです。

 

そこで、気付けば仕事帰りのサラリーマンとOLさんの出会いの場として、いつの頃からか有名になっているのです。

 

この辺りをナンパスポットに使うのは、基本的には社会人ですから、20代以降の男女の出会いの場となります。30代、40代でも上手くいけば出会えます。

 

銀座での出会いは平日の仕事帰りが基本です。もしもより多くの人と出会いたいならば、金曜日を狙うのがオススメです。

 
時間は8時以降を目指します。

 

あまり早いうちからウロウロしていても、そんなに暇な社会人ばかりとは限りません。

 

あんまり早い時間からウロウロしていると、フリーターや学生と思われてしまうかもしれません。

 

あくまで仕事が終わって一杯気軽に飲みに行く感覚で立ち寄りましょう。ここでは、8時以降10時くらいまでの間が狙い目です。

 

この時間までにコリドー街に到着し、外が見える席をキープして道行く女性を物色してもいいですし、店内で飲みながら自然に獲物を待ってもいいでしょう。

 

店内で飲みながらだと、ごく自然な出会いに発展しやすいというメリットもあります。

 

隣の席に着いた女性同士のお客様に一杯ご馳走したりして、そこから自然に合コン状態に持ち込む事も可能なのです。

 

コリドー街でのナンパは勿論、スーツが基本です。

 

スーツだと、仕事帰りにたまたま飲んでいたという自然な流れを演出しやすく、会社が近いという言い訳も出来てしまいます。

 

そこで、女性側も近くで働いているという点から、共通の話題を見つけやすく、意外にも話が盛り上がってしまったりもするのです。

 
銀座近辺で働いていないとしても、通勤で通るからなどの理由があれば、敢えてナンパしに来ました、という雰囲気が出ません。

 

そう、銀座界隈は社会人のナンパスポットです。学生さんのノリでガツガツ声をかけると、声をかけられた女性も引いてしまいます。

 

銀座での出会いはあくまでも大人な雰囲気でのナンパを演じるほうが上手くいきます。

 

マシンガントークよりも、エスコート上手な男性のほうがナンパに成功します。

 

多くの人に読まれている厳選人気記事はこちら↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ