旦那・彼氏を浮気しない男に育てるは作れる!?大事にしたい3選

 

当サイトに初めて足を運んで頂いた方はぜひ一度ご覧ください↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

男性の浮気率は27%と4人に1人が経験をしていますが、とある調査では男性の75%が浮気願望があるという結果になっています。
 
 
ほとんどの人がチャンスさえあれば浮気をしたいと考えている中、妻・彼女である私達はどう浮気を阻止すればいいのでしょうか?
 
 
今回は旦那・彼氏に浮気されないような育て方についてお話ししたいと思います。

 

1.浮気したくなる男性の心理を知ろう

 

一般的に、女性の浮気は寂しさや不安を埋めるなど精神的面を浮気相手に埋めてもらうために浮気してしまいます。一方男性楽しさ・癒しを求めて浮気をします。
 
家庭を持っている男性は仕事をして家に帰ったら奥さんから、家事をやってなど子育て手伝ってと言われるのが疲れて家の外で癒しを求めて彼女を作ってしまうケースが多いようです。
 
 

また、独身男性においては特にモテる人だと自分の凄さ・こんなにモテるんだということを“認めてほしい”という気持ちや彼女が忙しくて寂しいからといった理由もあるようです。
 

そしてどちらにも言えるのが身体的関係の軽い関係の可愛い相手が欲しいというものもあるようです。
 

 

2-1.浮気をされないためにはかまいすぎず、粗野に扱いすぎずを意識すること

 

浮気をされてしまう女性の特徴として、尽くしてあげすぎる人が挙げられます。
 
 
例えば、今すぐ来て欲しいと言われたら飛んでいったり、予定も自分のことを後回しにしてでもその人を優先してしまったりです。

 
とはいえ、ほっときすぎるのもよくありません。結局は寂しさから浮気相手の方へ行ってしまうからです。
 

難しいところではありますが、ほどよくかまいほどよく放置するのが浮気されないコツの1つです。

 

2-2.もし浮気したらという仮定の話で少し脅しておく

 

脅すと書くと少し怖いですが、多少の威嚇は必要です。男性は前述しましたように身体的目的で若くて可愛い子に本能的に走ってしまうこともあります。
 
 
軽い気持ちが多いので、もし浮気とかしたら別れるくらい言っておけば、どこかでストッパーがかかり未然に防ぐことができます。
 
 
男性は女性と比べて特に、別れるという選択を嫌います。少し強気に出るくらいがちょうどいいです。
 

2-3.付き合いが長くなってもいつまでも女を忘れないこと

 

付き合いが長かったり、夫婦になると長さ故におしゃれや気遣いがなくなってきます。
 
 
そうふることによりお互いにときめきがなくなり、特に男性は外で癒しを求めてしまうようになるのです。
 

子育てなどしているとなかなか難しいですがたまにはネイルをしたり髪型をチェンジしてみたり、流行の服を取り入れたりと女磨きを忘れないようにしましょう。

 

3.旦那・彼氏を私に夢中にさせるには嫌なところも上手に褒めながら注意をすること

 

家庭の中で、どうしても「家事をやってほしいのにやってくれない」「家事をしてくれてるけどやり方がいまいち」ということもあるかと思います。
 

奥さんも家庭の中で大変かと思いますがあまりにもガミガミ言いすぎると男の子人は家庭に帰るのが嫌になり外の女の人を求めてしまいます。
 
 
ここは女性が大人になって、「あなたがこうしてくれたから助かった。でもこういうやり方してくれたらもっと嬉しいな」とか「お仕事お疲れ様。
 
 
お仕事忙しいかもしれないけどこれやってくれたら助かるな」などと嫌なところをストレートに言うのではなく感謝を述べつつ頼るというスタンスでいくと男性は褒められ頼られたと感じ、彼女のために頑張りたいと思えるようになります。
 
 

4.まとめ
 

男の人が浮気する心理として、家庭に帰るのが苦になる時、外でもちやほやされ認められたい時、寂しい時などです。
 

浮気されない男の育て方としては、
 
●かまいすぎず粗野に扱いすぎずにちょうど良い距離感を保つこと
 
●もし浮気したらと多少脅して彼女を失った時の恐ろしさを植え付けておくこと
 
●いつまでも女としての努力を怠らないこと
 

です。この3点を意識しつつ、家庭を持っていたり同棲かま長くなってきている女性は、家庭内で嫌な点は注意するというよりは感謝、頼るという姿勢でいくと男性は認められたと感じ家に帰りたいと思うようになります。
 
 
浮気されないためにもまずあなたが大人になって意識してやってみることが円満にいく秘訣かもしれません。

 

多くの人に読まれている厳選人気記事はこちら↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ