不倫を盛り上げるにはコレ!大胆なセックスプレイで不倫を楽しく!



不倫を盛り上げたい。毎日、そんなことを考えながら生きている方は多いでしょう。

 

とくにセックスが好きな男性であれば、彼氏や旦那のいる女性を寝取ることができるほど嬉しいことはないはずです。今回、不倫だからこその楽しめるセックスの仕方をお伝えしていきます。

 

どうせながら思い切り楽しんでみる。いつもの不倫をより楽しくする、そんなテクニックをお伝えしていきましょう。

 

 

やってみたいプレイを全てする

 

不倫相手というのは、彼女でもなければ奥さんでもありません。そして、友達でもないでしょう。

 

ある意味でセフレという状況ですので、セックスがマンネリ化してしまっては元も子もありません。

 

不倫セックスを楽しむために必要なポイントは、とにかく大胆なセックスをいろいろと楽しむことです。そのひとつが、「やってみたいプレイを思い切り楽しんでみる…」という方法です。

 

例えば、ソフトSMプレイのひとつである目隠しプレイ。これを一度でいいから試したみたいと思う方もいるでしょう。

 

目隠しプレイは体が敏感になりますし、おかされている…おかしている…という双方のセックスに対するアプローチの気持ちも変わってくるので盛り上がるプレイのひとつと考えられています。

 

しかし大切にしている彼女であったりパートナーの場合、なかなか目隠しプレイを頼めない可能性もあるでしょう。嫌がられたら困る…変態だと思われても面倒。しかし、不倫相手は縁が切れても人生に支障がない相手です。

 

相手も、名指しで自分のことを言われたら自分が不倫相手だったことを暴露することになるため、墓場まで持っていくでしょう。結果、こういったやりたいプレイを容赦なく頼むことができるのです。

 

相手や自分の家でセックス

 

彼女や彼氏の関係であれば、どちらかの自宅にいってセックスをすることがあるでしょう。

 

また、自宅はイマイチムードが高まらないのでホテルなどに宿泊してプレイを楽しむ…という方もいるかもしれません。しかし、不倫となるとそうはいきません。

 

仮に相手の自宅の近くを二人きりでウロウロしていた場合、見つかったときのリスクがハンパではありません、とはいえ、バレるかバレないか…というこういったやり取りは不倫だからこそできる醍醐味です。

 

リスクはあるものの、絶対に見つからないというタイミングで相手や自分の家に呼ぶのです。とくに彼氏や旦那がいる相手を寝取る場合、その家でのセックスは大変興奮します。

 

自分とは違う男性の衣類や備品があちこちに散乱している上に、二人きりの写真も飾ってあるかもしれません。そういった状況の中でセックスをするのは安全なホテルでのセックスの数倍以上盛り上がるはずです。

 

本当にバレないこと。これが確かであることを確認してから、相手の家に突入するようにしましょう。

 

今日で最期という気持ちで楽しむ

 

不倫という行為は本来はやってはいけない行為です。

 

もちろん、一夫多妻性が許されていたり、不貞を働くことがさほど問題視されていない世界であればいいでしょうが、日本は違います。彼女という曖昧な関係性であっても浮気をすることは許されませんし、不倫などもってのほか。

 

社会的制裁を加えられてしまい、その街に住めなくなることもあるので要注意です。

 

さて、だからこそ不倫が盛り上がるのですが、二人の中で今日が最期と思いながらセックスをすると大変盛り上がります。不倫を正当化している方もかなり多くいますが、冷静になればいけないことをしている…という罪悪感を感じる方がほとんどでしょう。

 

とくに自分にパートナーがいるという方であれば、セックスをし終わった後に強い罪悪感に苛まれる場合も多いはずです。

 

そのため、まだ不倫相手と出会って楽しみたいものの、今日で会うのは互いのために最期にしよう。こういった思いをもちながら、セックスをするとかなり燃えることは間違いありません。

 

全てのプレイに、もう最期なんだよ…ということを耳打ちしたり、これが終わったら会えなくなる…という気持ちを相手に植え付けることでいつもの感じ方が大きく変わるはずです。もちろん、毎回最期ということを伝えていては飽きてしまいます。

 

3ヶ月に一度、深刻な話をした後にセックスをするように仕掛けるとまぁ、何度かプレイを楽しめるかもしれません。

 

相手の恋人や旦那の名前を呼ばせる

 

 

冒頭でお伝えした通り、不倫は相手のパートナーを寝取ることに醍醐味があると考えている方もいるはずです。

 

セックスをしている最中、「本当はこの人は愛すべき人がいるのにもかかわらず、俺のペニスをくわえている…」。

 

こういった背徳感がたまらずに不倫がやめられない、という方はドスケベであることは間違いありません。さて、そういった人におすすめしたいのがセックス中に女性に相手の名前を言ってもらうことです。

 

もちろん、〇〇君の方がずっといいから早く終われ!ということを言われるのでは、あまり盛り上がりません。なぜ、お前は不倫をしているのか…という気持ちになるだけです。

 

ここでおすすめしたいのが、「〇〇君のチンコと俺とどっちがいい?でかい」など、そういったことを聞いて相手に言ってもらうのです。さらに、「〇〇君ごめんね。こっちのちんこと私は結婚しました!」など、相手の彼や旦那の名前を叫ばせながらセックスを楽しんでしまうのです。

 

こちらも寝取っているだけでなく相手を屈服させたという気持ちになりますし、普段のセックスより倍楽しむことができます。

 

逆に、こちら側が「〇〇よりずっと気持いいアソコだよ!」とか、自分のパートナーの名前をいいながら楽しむのもいいでしょう。「名前出しちゃ嫌!私のことだけ考えて!」と嫉妬されながらのセックスも満足度を高めます。

 

どうせ不倫をしているのですから、抜け出すことは簡単ではありません。コソコソするのではなく、不倫を楽しめるときは思い切り楽しむこと。これが、大切になってくるのではないでしょうか。

 

不倫はエロにどん欲になる

セックス無しの不倫をする方もいるでしょう。しかし、不倫はやはりセックスがあるからこそ燃え上がるともいえます。背徳感をあえて利用しながら、大胆で変態的なセックスを楽しむよう、今記事を参考に楽しんでみてはいかがでしょうか。





↓↓当サイトで一番の人気記事はこちら↓↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

※当サイト管理人のココだけのぶっちゃけた

 

atekina

 

今すぐ出会いが欲しい(やれる相手、真面目な相手)人は登録しておかないと損。

 

おすすめのネットの出会いで使える登録無料の出会いアプリ↓↓↓

 

※女性は完全無料なので、女性が多い!あなたを待っている人がいます。

 

※男性も今なら無料PTがもらえるので早めに遊びましょう

 

aty4

 

PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ