不倫初心者必見!不倫をするなら己の考え方をゼロから変えろ!



不倫に憧れている男性も多いことでしょう。妻がいながらほかの女性といちゃいちゃしたり、旦那がいる女性を寝取ったり…。

 

ドラマや映画、漫画、AVなどでも多く取り上げられる題材であることから不倫をしてみたいという方が多いのはうなづけます。

 

さて、あなたが不倫初心者の男性だったとしたら、少し正確を根本から直さないといけないかもしれません。ここでは、不倫をし続けるために必要な要素について考えていきたいと思います。

 

女はモノとして見ること

 

不倫ができると男というと、女性にとても優しく、女性を認められる人格者だと思われがちです。

 

たしかに女性に優しくできない男性が不倫などできるはずはありませんし、女性にモテる男は総じて女性を大切にする姿勢が身に付いています。しかし、あくまでこれはその人たちの表面。

 

実際、女性のことをモノとして扱っているから不倫をすることができているのです。一見、矛盾しているように思えるこの話。もう少し具体的に解説していきたいと思います。

 

女は〇〇という意識

 

例えば、女性に優しい言葉をかけたりエスコートしたり、感動するような景色のレストランに連れて行くとします。

 

女性にモテる男性の定番行為かもしれませんが、裏側にこういったテーマがあるからこそ出来る話でもあります。

 

それが、女性は〇〇をすれば喜び男性に心を開くとか、女性は〇〇に連れて行きこのタイミングで〇〇といえば落ちる…など、モテ学の統計学的な方法で接するということです。

 

本来、女性を大切にするというのは心から信頼できる女性を心から守りたい…と思ってごく自然出てしまう愛情を持った行為のはずです。しかし、不倫をするモテる男性というのは前述したように女性をモノとして扱います。

 

そこに愛情や個人的な思い、相手の人生を思いやる気持ちは一ミリも存在していないのです。

 

マーケティングで例えるとわかりやすい

 

例えば、モノを売ることを考えていきましょう。マーケティングの方法として、ネットで売ったり店舗で売ったり、タレントを使って広告を出すなどして周知を計ります。

 

あくまでマーケティングはビジネスであり、モノの大切などは関係なく、“売れるための施策”。

 

要するに、不倫をする男性になりたいのであれば相手の気持ちなどに惑わされず、あくまで女性をモノとして扱い、データの上で接して不倫をするという感覚を養わなければいけないのです。優しい男がモテるといいますが、不倫をするような人が本当に優しいとは思えません。

 

必ず、誰かが裏で泣いています。それを分かった上で、あくまで不倫というゲームを楽しめる能力をまずは備えなければいけないわけです。

 

性欲をしっかりとつける

 

年齢が高まるにつれ、男性の精力は衰えていきます。

 

若い頃のように何がなんでも性に結びつけるような時期は過ぎ、ほかの生き甲斐だったり、性に対しても諦めていることからどん欲さが無くなる傾向となるのです。しかし、不倫をしたいのであれば性欲は常に持っていないといけません。

 

そもそも男性が女性とデートしたり守りたいと思う言動は、“性欲”だからです。性欲を超えた感情を持つ相手というのは、もはや長年連れ添った夫婦であったり家族、古くから付き合っている学校の同級生などです。

 

そこにあるのは、愛情ホルモンから来る気持ちであるため、性欲とは別のベクトルでの付き合いとなりまし。

 

一方、女性とセックスをしたいという気持ちはからくる気持ちです。愛情から来るものは長年連れ添った人物同士でないと厳しいですが、一方で興奮はその場限りの性欲だけでどうにかなるものです。つまり、性欲がなければ新しい人に会いたいと思いませんし、女性を口説こうという気持ちにもならないわけです。

 

種づけを目的に不倫をする

 

男性は本当に性にどん欲です。どんな場所でも自らの性欲を満たすことさえできればかまわない、という感覚で女性を口説きます。

 

一見、危ない男に見えてしまいますが、だからこそ不倫に憧れている女性にモテるのです。前述した通り、女性を落とすテクニックを持ち合わせている男性の最終目標はセックスです。動物の本能からして、男性の最終目標は種づけです。

 

動物を見ていればわかりますが、メスを引き付けるためにダンスを踊ったり、羽を派手に出したり、雄叫びをあげたりします。

 

それぞれの動物はそういったことをしてメスの注目を浴び、最終的に勝ち残れたら種づけができることを遺伝子から学んでいるため、ナチュラルにおこなうのです。人間は一般的な動物ではありませんが、それでもカテゴリはほ乳類であり動物です。

 

この、メスに種づけするために喜んでもらうという本能は衰えていないわけです。

 

思い悩まずある意味での冷静さを保つこと

 

不倫に向いていない人は、一人の相手に愛情をかけ過ぎてしまう、ラブロマンスを楽しんでしまう、ハメを外してしまう、ダラダラしてしまう…という方たちです。

 

物事にはプロがいるように、不倫をする方にもプロがいます。趣味はのめり込むことで楽しくなりますが、プロとなれば仕事にはのめり込むことはないでしょう。

 

むしろ、冷静に目的だけを達成するプロセスを間違わずにおこなうのがプロです。野球もサッカーもそうで、好きだけではどうにもなりません。あくまで結果が求められるため、それに向けて冷静に淡々に努力するだけでいいのです。

 

不倫も前述したように、人を愛するということだけにフォーカスするとのめり込んでしまいます。

 

要するに、趣味として不倫をすると大変なことになるということにも繋がるわけです。

 

プロであれば、その不倫に大してはあくまで客観的な姿勢で取り組んでおり、女をただのモノとして扱うことができるのです。結果を出すのは、あくまで不倫関係の女性をつくること。そして、その目的はあくまで忖度無しのセックスを楽しむことなのです。

 

一見、冷酷ではありますが不倫を本気でしたいかたはここまでしなければいけないのですね。

 

不倫をするなら己を変える

 

不倫をしたいと思い、安易に女性と関係を持つと後々大変なことになりかねません。

 

不倫を本当にするのであれば、まず己の考え方をゼロから変化させる必要があります。ぜひ、考えてみてはいかがでしょうか。





↓↓当サイトで一番の人気記事はこちら↓↓

 

【セフレを作る方法!】当サイト一番の人気記事!

 

※当サイト管理人のココだけのぶっちゃけた

 

atekina

 

今すぐ出会いが欲しい(やれる相手、真面目な相手)人は登録しておかないと損。

 

おすすめのネットの出会いで使える登録無料の出会いアプリ↓↓↓

 

※女性は完全無料なので、女性が多い!あなたを待っている人がいます。

 

※男性も今なら無料PTがもらえるので早めに遊びましょう

 

aty4

 

PCMAXの無料登録はこちら(18禁)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ